ヘアサロンタカハシで理容道を極めんと日夜、努力する男たちの挽歌!?
 
<< 2012年06月07日のジュンつぶ | main | 2012年06月08日のジュンつぶ >>
第61回ジャパンヘアフェスティバル
0
    千里中央でありました第61回ジャパンヘアフェスティバル。通称ナンバ大会。その昔、ナンバは大阪府立体育館(お相撲やるところ)でおこなわれており出場者数日本一の大会でした。最盛期からは少なくはなっていますが、いまだ大きな大会です。それに、今年も九州や四国からも多くの選手が参戦しており、私も審査員としてお手伝いに行ってまいりました。そして、スタッフ福嶺忍も参戦。大阪大会のリベンジとばかりに挑みますが、練習から刈り残しがあり中々スカッといきません。大会後には残念会&反省会を予定しておりましたが、競技終了後に見たウイッグ(人形)の第一印象は今までで一番刈りこんでいました。これならギリギリ賞には入るかも・・・なんて話をしてしていましたところ。いざ、表彰が始まると敢闘賞にも入っていませんでした(笑)



    そして栄えある優勝は、高槻支部・・フク??え~っ???エエっ〜??????
    なんと、優勝してしまいました。




    「残しすぎといわれていたので、今日は思い切って切ろうと思った」と本人談 



    真面目にコツコツする人には女神も微笑む、いい例ではないでしょうか。
     


    サロンワークに活かしてなんぼです!驕らず、精進!!

    おめでとう忍ちゃん。祝賀会のお誘い待ってます
    【2012.06.08 Friday 18:19】 author : 二代目理容師
    | ヘアコンテスト | comments(0) | - | - | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする